Japan

serach

Support

アプリをさく乳器とつなげて使う方法

※さく乳器 母乳アシスト 電動Pro Personal/Pro Personal+が対応商品です。

Bluetooth®接続する

  • 1. スマートフォンのBluetooth設定がONになっていることを確認します。
  • 2. さく乳器電動部の電源電源をONにします。
  • 3. アプリ画面に(1)と表示されたら、自分の近くで別の人が同じさく乳器を使用していないことを確認し、「OK」をタップします。 さく乳メニュー
  • 4. アプリ(スマートフォン)と電動部が自動的にBluetooth接続されます。
  • 5. Bluetoothが接続すると、アプリ画面のBluetoothのアイコンがピンク色に点灯し、“接続済み”と表示されます。
さく乳メニュー

カスタムモードの吸引リズムを選ぶ

  • 1. Bluetoothが接続されている状態で、設定するボタンをタップします。 設定するメニュー
  • 2. さまざまな吸引リズムの一覧が表示されます。
  • 3. お好みの吸引リズムを選択し、最後に「OK」をタップします。
  • 4.選択した吸引リズムは電動部のカスタムモードに転送・設定され、自動的にカスタムモードがスタートします。
  • 注 意
    • カスタムモードへの吸引リズムの転送・設定は1種類のみできます。
    • カスタムモードに転送・設定した吸引リズムは、電動部の電源電源をOFFにしても、次回使用時(電源ON時)に設定されています。
    • シンプルモード、ナチュラルモードには吸引リズムの転送はできません。
設定するメニュー

さく乳の記録をする

アプリと電動部をBluetooth接続して、さく乳している状態
  • 1. さく乳完了後、さく乳器電動部の電源電源を長押ししてOFFにする、またはアプリ画面の右下の“記録”アイコン記録をタップします。
  • 2. アプリ画面に「記録しますか?」と表示されるので、「OK」をタップします。
  • 3. さく乳時間と使用したモード・強さは自動で入力されます。
    さく乳量を手入力し、最後に登録ボタンをタップすると記録が完了します。 さく乳記録作成画面
  • アプリと電動部をBluetooth接続していない状態からでも“記録”のアイコンをタップして、さく乳量などを自分で入力し記録することができますが、Bluetooth接続していないため、さく乳時間や使用したモード・強さについては自動で入力されません。

さく乳記録作成画面
このページの上部へ