Japan

serach

商品Q&A

マタニティスキンケア

  • Q
    妊娠線ってどんなもので、どこに出来るの?
    A
    皮膚は表皮・真皮・皮下組織とで成り立っています。

    一番上の表皮は伸びる性質を持っていますが、真皮と皮下組織の一部は伸びにくい性質を持っているため、妊娠しておなかが大きくなると、皮下組織がそれについていけず、皮膚に亀裂ができたように赤みがかかった線が出てしまいます。

    それが妊娠線と呼ばれるもので、一度できてしまうと、残ってしまうものなので、事前のケアが大切です。

    <妊娠線のない皮膚> 妊娠線のない皮膚
    <妊娠線ができると> 妊娠線が出来た皮膚
    <産後はこうなる> 産後の皮膚


    最もできやすいのは大きくなるお腹ですが、その他バスト、腕、ヒップ、太もも、足の付け根部分、ふくらはぎなどにもでることがあります。特にお腹の下の部分にできやすいのですが、おなかが大きくなると下の方は見えなくなるので気づかないことも多いようです。その部分は念入りにケアしておきましょう。

    ○妊娠線のできるところ

    このQ&Aは役に立ちましたか?

お電話でのお問い合わせ

0120-741-887

受付時間: 9時~17時(土・日・祝日は除く)

  • ※お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください。
  • ※通話内容の確認、対応サービス向上の目的で、通話内容を録音させて頂きます。
  • ※商品とお客様対応の品質向上の目的で健康・介護用品に関するお問い合わせについては、グループ会社(ピジョンタヒラ株式会社)と個人情報を共同利用させて頂く場合がございます。その他の目的では利用しません。あらかじめご了承ください。

メールでのお問い合わせ

お手紙でのお問い合わせ

〒103-8480 東京都中央区日本橋久松町4番4号
ピジョン株式会社 お客様相談室 宛