母乳実感

  • Q
    ガラス製とプラスチック製、哺乳びんはどう選べば良いですか?
    A
    哺乳びんなどの授乳用品は、妊娠24週くらいまでに準備しましょう。哺乳びんは1~2本必要です。
    ピジョンの哺乳びんには、母乳実感、スリムタイプの2種類があり、それぞれ耐熱ガラス製、プラスチック製をご用意しております。

    ガラス製 プラスチック製
    商品 ガラス製 プラスチック製
    材質 ほうけい酸ガラス PPSU(ポリフェニルサルホン)
    PP(ポリプロピレン)
    容量 母乳実感:80・160・240ml
    スリムタイプ:120・200・240ml
    スリムタイプ果汁用:50ml
    母乳実感:160・240・330ml
    スリムタイプ:200・240ml
    長所 汚れが落ちやすいので清潔 軽い、落としても割れにくい
    短所 重い/欠け・割れることがある ガラスに比べてキズがつきやすく、色やにおいなどが吸着しやすい
    消毒 煮沸・電子レンジ・薬液すべて可能 煮沸・電子レンジ・薬液すべて可能

    どちらの素材も、煮沸消毒・電子レンジ消毒・薬液消毒が可能です。
    それぞれに特長がありますので、たとえばご家庭ではガラス製、おでかけの時はプラスチック製など、使い分けてみてください。
    なお、ガラス製哺乳びんは割れ物です。割れたとき、ヤケドやおケガにつながり大変危険なため、お子様に持たせり、一人で飲ませることはおやめください。