さく乳用品

  • Q
    さく乳した母乳を保存したいのですが、どうしたらよいですか?
    A


    (使用を始める前に) さく乳、授乳の前には、石けんで手をよく洗って清潔にしてください。

    さく乳直後の母乳は24時間以内であれば冷蔵保存(4℃以下)が可能です。
    それより長く保存する場合、冷凍保存(約-18℃)をおすすめします。

    <冷蔵保存の場合(4℃以下)>
    哺乳びんで母乳を冷蔵保存する場合、ガラス製の哺乳びんは凍った場合や湯せんの時に割れる恐れがあるため、必ずプラスチック製の哺乳びんをお使いください。
    さく乳直後の母乳が入った哺乳びんに洗浄・消毒した乳首・キャップ・フードをとりつけて、冷蔵庫で保存してください。

    別売りの「母乳保存用哺乳びんキャップ」を使えば、母乳実感哺乳びんを冷蔵時に横置きしても転がりません。保存時間がわかるメモリダイヤルや、お湯にふれずに湯せんできる指かけ穴も付いています。

    <冷凍保存の場合>
    母乳は冷凍保存(約-18℃)が可能です。
    さく乳直後の母乳を「母乳フリーザーパック」へ移し替え、すぐに冷凍庫へ入れて保存してください。
    冷凍保存した母乳は6か月まで保存可能ですが、3か月以内の使用を推奨しています。