Japan

serach

Support

商品を安心してお使いいただく為に

お客様により安心して商品をお使いいただく為のご案内をしております。

ガラス製哺乳びん

ガラスびんの割れ

ガラス製哺乳びん(以下「ガラスびん」)は割れものです。
お子様のそばで調乳することはおやめください。
また、お子様にガラスびんを持たせたり、一人で飲ませることもおやめください。割れた場合、やけどやケガにつながり大変危険です。

●ガラスびんは割れものです

ガラスびんは耐熱強度にすぐれた「ほうけい酸ガラス」を使用していますが、次のような場合、割れることがあります。

  • ガラスびんを落としたり、何かにぶつけるなど物理的な衝撃を受けた場合。
  • ガラスびんに急激に熱湯を入れたり、逆に冷やしたときなど、ガラスびんに急激な温度差が生じた場合。
  • ミルクを溶かす際にフードをセットした状態で強く振るなど、ガラスびんのなかの圧力が急激に高まった場合。
ガラスびんの底割れ

落としたり、ぶつけたりした覚えがなくても、日常のご使用のなかでついた小さなキズがきっかけとなって、ガラスびんに生じる温度差や圧力の変化により、ヒビや割れにつながる場合があります。特にガラスびん底の周辺部分にキズがついていると、底が抜けるように割れることがあります。ご使用になる度に、キズがないか必ず点検してください。またキズがついたガラスびんは使用しないでください。

成型時に必ずできるラインがあります。これらは割れにつながることはありません。成型時のラインについては、こちらのQ&Aをご覧ください。

●ガラスびんの割れを防ぐには

  • 冷えているガラスびんや、ステンレス製の流し台などの冷たい場所に置いたガラスびんに沸騰直後の熱湯を入れないでください。急激な温度差により割れることがあります。
  • あらかじめガラスびんにぬるま湯を入れて温めておくことをお勧めします。ぬるま湯を捨ててから調乳してください。
  • ミルクを溶かす際はフードはセットしないでください。ガラスびんをゆっくり横方向に回転させて溶かしてください。縦に振ると圧力が高まって割れにつながったり、中身が噴き出してやけどの恐れがあり危険です。
  • ミルクを授乳適温まで冷ます際は、流水や水を張った調理用ボウルなどのなかで、ゆっくりと冷ましてください。氷水などで急冷すると割れにつながりますので絶対におやめください。

さく乳器

さく乳器は、母乳を保存しておき、あとで赤ちゃんに飲ませる場合や、乳首にトラブルがあり赤ちゃんが母乳を直接吸えないときに、母乳をしぼって与える器具です。上手に使って、赤ちゃんに母乳を飲ませてあげましょう。

  • さく乳器
    手動
  • さく乳器
    電動 First Class
  • さく乳器
    電動

<さく乳する時に>

吸引圧が強ければ、多くさく乳できるというわけではありません。ピジョンさく乳器は吸引圧の調整が可能ですので、無理のない、自分に合った吸引圧でさく乳を行ってください。さく乳は長くても片側乳房あたり10分程度にし、乳房や乳首が痛むときは使用を中止してください。

●さく乳器を使う時のポイント

以下の3つを確認しながら、さく乳してみましょう。

  1. 1.さく乳口に対して、乳首・乳頭が真ん中にくるようにセットしましょう。
  2. 2.空気もれなどが起きないように、乳房とさく乳口をぴったりと密着させましょう。
  3. 3.乳首・乳頭部分が、吸引されている感じを確認してみましょう。
      (吸引されている時は乳首・乳頭・乳輪がスムーズに動いています。)

母乳は、さく乳してから、すぐに出てこない場合があります。
母乳が出てくるまで、まずは弱い吸引圧で、乳首・乳頭を刺激してみましょう。
母乳の出方には個人差があります。無理をせず上手にさく乳をしてみましょう。

  • さく乳器を使っても母乳が出ないとき、痛みを感じたときは、無理にさく乳をしないでください。乳首・乳頭・乳輪をいためる原因にもなります。
  • 乳首・乳頭・乳輪に異常がある場合や、手動さく乳器でハンドル操作により指や手が痛むときは、さく乳器の使用を中止して、専門医などにご相談ください。
  • 母乳が出ているのに、うまくさく乳器が使えない時には、ピジョンインフォの「さく乳器に関するQ&A」をご覧頂きました上で、お客様相談室へご連絡ください。

さく乳器に関するQ&Aは こちら

電子レンジスチーム消毒ケース

電子レンジスチーム&薬液消毒ケース
そのまま保管

電子レンジスチーム消毒ケースは、電子レンジの電磁波でケースの中に入れた水を加熱し、発生する蒸気で消毒をする商品です。
電子レンジ消毒可能となっている商品にご使用いただけますが、何らかの原因で電子レンジの電磁波が集中してしまうと、その部分が異常に過熱され、ケース本体や哺乳びんやプラスチック製の部品などが溶けたり、燃えたりすることがあります。

▲使用前にご使用の電子レンジの取扱説明書を読み、使用方法を再確認してください。

△警告 溶けたり、燃えたり、変形したりするおそれがありますので以下の注意をお守りください。

  • 水量50ml、加熱時間5分を必ず守ってください。
  • 電子レンジの出力は、500〜700Wの範囲でご使用ください。
  • 電子レンジのオート機能は絶対に使用しないでください。
  • 電子レンジ機能以外(オーブン・グリル・トースター)での加熱はしないでください。

異常な過熱に伴って、ケース本体や中の部品が燃える可能性があります。
万一、発煙・発火したときは、電子レンジの扉を開けないでください。
扉を開けると酸素が入り、燃える場合があります。

電子レンジスチーム消毒ケースに関するQ&Aは こちら

マグマグストロー

マグマグストロー

●熱い飲み物を入れないでください

カップに熱い飲み物を入れるとストローの先から中身が吹き出し、ヤケドの原因となりますのでお避けください。

<逆流について>

マグマグストローは密封性が高いため、次のような場合、気温・気圧の変化などによりカップ内の圧力が高まりストローの先から中身が出てきます。これを逆流といいます。

マグマグストローに熱い飲み物を入れないでください
  • 熱い飲み物や、冷たい飲み物を入れた場合。
  • 熱い飲み物は、ヤケドの原因となりますのでお避けください。
  • 飛行機の機内や高地(標高の高いところ)など、気圧が変化した場合。
  • 炭酸飲料のように、内圧のある飲み物の場合。

ベビーカー

●お子様を乗せたままベビーカーを持ち上げないでください

乳幼児を乗せたままベビーカーを持ち上げないでください

お子様を乗せたままベビーカーを持ち上げないでください。

ベビーカーが破損したり、お子様が落下したり、思わぬ事故につながるおそれがあります。

●カゴ以外の所に荷物を乗せないでください

ハンドル部に荷物をつるしたりしないでください

カゴ以外の所に荷物を乗せたり、ハンドル部に荷物をつるしたりしないでください。

また、ベビーカーに寄りかかったり、お子様以外が座ったりするなど過度の荷重をかけないでください。

ベビーカーの転倒によりお子様が落下するおそれがあります。

●目安は5年

ベビーカーは、長期間のご使用により、徐々に強度の低下や各部品のガタつきが大きくなることで破損に至ることがあります。ご使用開始後、5年間を経過したベビーカーは、ご使用を中止してください。

湯たんぽ「サンベビーN」

サンベビーN

ソフトな温かさのプラスチック製湯たんぽ「サンベビーN」ですが、安全にご使用いただく為に、次の点にご注意ください。

●熱湯に注意

沸騰したお湯をつかいますので、特に小さなお子様がいらっしゃる場合にはご注意ください。

●3年でお取替えください

湯たんぽは熱湯を入れて使うもの。丈夫なプラスチック製ですが、安全にお使いいただくためのご使用期間は、3年間が目安です。
また、パッキンは部品として別売しています。毎年のお取替えをお勧めします。

●低温やけど防止のために!

低温やけどとは、心地よく感じる程度(体温より少し温かい程度)でも、皮膚の同じところに長時間接触していると発生する重いやけどです。
湯たんぽを厚手のタオルなどで包んでも、低温やけどのおそれがあります。
就寝前に布団の中に入れ、温まったら湯たんぽは布団から出してください。
万が一、低温やけどが起きたときは、すぐに専門医の診察を受けてください。

「湯たんぽ サンベビーN」を安全にお使いいただくために

注意

■熱湯を湯たんぽの注ぎ口の根元部分まで、一杯に入れてください。

湯量が少ないと冷めた時に内部の空気が収縮して圧力が下がり、湯たんぽが凹んだり、亀裂が入ることがあります。

湯たんぽサンベビーN 断面図
禁止

■ご使用開始から3年を経過した製品は使用しないでください。
パッキン・プラスチック本体が劣化します。

指示

■使用前にヒビ等がないか点検をしてください。

このページの上部へ