Japan

serach
  1. トップ
  2. 商品を安心してお使いいただくために

お客様サポート

商品を安心してお使いいただくために

  • Q
    抱っこひも 安全なベビーウェアリングのためのルールを教えてください。
    A
    cabooを安全にお使い頂くために「安全なベビーウェアリングのための 5つのルール「T.I.C.K.S」」をご確認ください。


    TIGHT
    お子さまと密着している
    キャリアは装着者とお子さまの快適のために、抱きしめられるくらい密着していることが大事です。
    布にたるみや緩みがあると、お子さまが埋もれて窒息したり、装着者の背中に負担がかかったりする原因になります。
    TIGHT

    IN VIEW AT ALL TIMES
    常にお子さまの様子が見える
    常にお子さまのお顔が見える状態にしておくことが大事です。キャリアの布がお子さまの顔を覆ってしまい、お子さまの様子 がわからない状態にならないようにしてください。
    また、お子さまの顔がうつむかないようにご注意ください。
    IN VIEW AT ALL TIMES

    CLOSE ENOUGH TO KISS
    キスができる近さ
    お子さまの頭が装着者の邪魔にならない程度に装着者のアゴの近くにくるような位置で抱っこしてください。その距離が最適な抱っこ位置です。
    CLOSE ENOUGH TO KISS

    KEEP CHIN OFF THE CHEST
    お子さまがアゴを引きすぎない
    お子さまのアゴが胸につくほどうつむいた状態にならないようにご注意ください。
    お子さまのアゴと胸の間に少なくとも指1~2本分のすき間を常に確保してください。
    KEEP CHIN OFF THE CHEST

    SUPPORTED BACK
    お子さまの背中が支えられている
    お子さまの背中が自然な状態で支えられ、おなかと胸が装着者と向かい合わせになるように、装着者とお子さまが密着した状態で抱っこしてください。
    もし緩く装着している場合、お子さまがキャリアに埋もれて窒息の恐れがあります。
    SUPPORTED BACK

    ○お子さまの様子を常に確認しながらお使いください。
    ○必要に応じてお子さまの姿勢を直してください。

    出典:the UK Sling Consortium

    動画でのご案内もしています。
    <caboo carrier>こちらからご覧ください。

    <caboo dxgo>こちらご覧ください。



    落下を防ぐための注意点窒息を防ぐための注意点も併せてご確認ください。
  • Q
    抱っこひもで落下を防ぐための注意点を教えてください。
    A
    ◆ お子さまの落下に注意!

    着脱時にはお子さまが落下してケガをする恐れがありますので、注意してください。

    <caboo carrier>
    ● できるだけ低い姿勢で安全な場所で行う。
    ● キャリアを正しく装着する。
    ● お子さまを正しい位置に乗せる。
    ● ストールがねじれていないこと。
    ● ストールを装着者の腹部でしっかりと2回結んでいること。(下図参照)

    2回結んでいること
    使用中は装着者が身体を傾けたり、お子さまが反りかえる動きで、お子さまが落下してケガをする恐れがありますので、注意してください。
    ● 使用中は必ずお子さまに手を添える。特に着脱時には注意する。
    ● かがむ際は、腰を折らずに膝を曲げて、お子さまの頭が下向きにならないように注意する。

    carrierかがむ際の注意

    <caboo dxgo>
    ● できるだけ低い姿勢で安全な場所で行う。
    ● キャリアを正しく装着する。
    ● お子さまを正しい位置に乗せる。使用前に各部を正しく調節し、固定箇所を確実に留めてご使用ください。お子さまが開口部から抜け出し、落下する恐れがあります。特に「おんぶ」の場合、背ストラップのバックルが確実に留まっていることを確認してください。
    1 ヵ所でも固定できない箇所がある場合は使用を中止してください。お子さまがキャリアの中で正しい位置にいることを確認してください。
    ご使用中、肩ベルトが緩んでいないか定期的に確認してください。緩んでいる場合は調整ストラップで調整してください。
    使用中は装着者が身体を傾けたり、お子さまが反りかえる動きで、お子さまが落下してケガをする恐れがありますので、注意してください。
    ● 使用中は必ずお子さまに手を添える。特に着脱時には注意する。
    ● かがむ際は、腰を折らずに膝を曲げて、お子さまの頭が下向きにならないように注意する。

    dxgoかがむ際の注意
  • Q
    抱っこひもで窒息を防ぐための注意点を教えてください。
    A
    以下のことを必ずお守りください。お子さまの気道をふさぎ、窒息する恐れがあります。

    <caboo carrier>
    ● 常にお子さまの様子に注意し、異常がみられたときにはすぐに使用を中止する。
    ● 生後4ヵ月、または首が完全にすわる前のお子さまに使用する場合は、常に手もしくはキャリア本体でお子さまの首を支える。
    ● 気道がふさがれていないこと。
    ● 装着者の身体にお子さまの顔が必要以上に押しつけられていないこと。
    ● お子さまの顔が布などで覆われずはっきりと見えていること。
    ● お子さまのアゴと胸の間にすき間があること。

    窒息の危険

    <caboo dxgo>
    ● 常にお子さまの様子に注意し、異常がみられたときにはすぐに使用を中止する。特に「おんぶ」の場合は、目が届きにくいのでご注意ください。
    ● 気道がふさがれていないこと。
    ● 装着者の身体にお子さまの顔が必要以上に押しつけられていないこと。
    ● お子さまの顔が布などで覆われずはっきりと見えていること。
    ● お子さまの頭が自由に動かせるすき間があること。
    ● フードを使用する場合は、常にお子さまの様子が確認できるようにすき間を確保すること。

お電話でのお問い合わせ

0120-741-887

受付時間: 9時~17時(土・日・祝日は除く)

  • ※お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください。
  • ※通話内容の確認、対応サービス向上の目的で、通話内容を録音させて頂きます。
  • ※商品とお客様対応の品質向上の目的で健康・介護用品に関するお問い合わせについては、グループ会社(ピジョンタヒラ株式会社)と個人情報を共同利用させて頂く場合がございます。その他の目的では利用しません。あらかじめご了承ください。

メールでのお問い合わせ

お手紙でのお問い合わせ

〒103-8480 東京都中央区日本橋久松町4番4号
ピジョン株式会社 お客様相談室 宛