Japan

serach

Support

チャイルドシートに関するQ&A

  • ベビーカー・チャイルドシートの修理の問合せ先はどこですか?

    ベビーカー・チャイルドシートの修理につきましては、当社修理センターにお問合わせください。
    電話 029(889)5707 受付時間:9時~12時、13時~16時30分(土・日・祝日を除く)
    なお、お問合わせ前には、下記にご案内している内容をご確認頂きますようお願いします。

    ベビーカー・チャイルドシートの修理

    ※ベビーカー・チャイルドシートの修理につきましては、日本国内のみを対象としております。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • チャイルドシートの商品名がわからなくなってしまいました。チャイルドシート本体に書かれていませんか?

    チャイルドシートの本体裏面にある取扱説明書収納ポケットを上げて頂くと、本体に(製品名、カラー、シリアルNo.)が書かれているシールが添付されています。

    シリアルナンバーの場所

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 自分の車にピジョンのチャイルドシートがつけられるかどうかを確認したいのですが。

    車種適合表は、お客様サポート>取扱説明書・車種適合表の中に掲載しております。下記よりご確認ください。

    車種適合表はこちらからご確認下さい

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 取扱説明書をなくしてしまったのですが。

    ピジョンのホームページ、ピジョンインフォ>お客様サポート>取扱説明書・車種適合表の中に、各種取扱説明書をPDFファイルにて掲載しております。ダウンロード出来ますのでお役立てください。

    各種取扱説明書はこちらからご確認下さい

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 購入した時に取扱説明書と一緒に入っていた「お客様登録カード」は登録しないといけないのですか?

    2004年からチャイルドシートのリコール制度が始まりました。
    登録カードにお名前、ご連絡先等をご記入頂き、当社へお送り頂きますと、ご購入頂いた製品でリコールが発生した場合、当社より速やかにお客様へ直接内容をご連絡し、修理をいたしますので登録頂くようお願いします。
    なお、登録は、インターネットでも受け付けを行っております。

    チャイルドシートのユーザー登録はこちらから

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • チャイルドシートを安全に使うために注意することはありますか?

    チャイルドシートは、交通事故などでお子さまが受ける衝撃を減少させる装置です。安全にお使い頂くため、特に以下のことにご注意ください。

    ・取扱説明書をよくお読み頂き、正しく車に設置してください。

    各種取扱説明書はこちらからご確認下さい

    ・お子さまの体格に合うように、肩ハーネス(肩ベルト)の位置を調節してください。
    (取扱説明書の「肩ハーネス高さの調節のしかた」をご参照ください。)
    また、 肩ハーネス高さの調節のしかたを、動画でご案内しています。

    ・チャイルドシートのバックルと差し込みタングは、「カチッ」と音がするまでしっかりはめてください。
    ・お子さまを座らせるたびにアジャストベルトを引いて、お子さまをチャイルドシート背面に密着させてください。
    ・エアバッグが装着された座席への使用はしないでください。
    (サイドエアバッグの場合には使用できます。)

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • チャイルドシートは、助手席にはつけられないと取扱説明書に書いてありますが、どうしてですか?後ろ向きでも取り付けてはいけないのでしょうか?

    助手席にはエアバッグが取り付けられており、緊急時にエアバッグが膨らんだ際には大きな衝撃で、お子さまがケガをされる恐れがあります。
    前向き・後ろ向きとも、助手席には絶対に取り付けないでください。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 夏場は車内の温度が高くなるので、チャイルドシートは大丈夫でしょうか?

    夏や真昼など、車内の温度が急速に高くなりますので、太陽光の当たる場所に長時間停車させる場合は、大きいタオルなどで、チャイルドシートを覆ってください。
    特に差し込みタングは鉄材で作られていますので、車内の温度が上昇した場合、やけどの危険があります。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • まだ首がすわっていないのですが、ピジョンのチャイルドシートは新生児から使えますか?

    当社のチャイルドシートは、新生児のお子さまからお使い頂けます。
    お子さまの首がすわり、体重が10㎏になるまでは、チャイルドシートを後ろ向きに取り付けてご使用ください。
    また、体重が7㎏になるまでは、ヘッドパッドとインナークッションは必ず使用してください。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 新生児なのですが、シートを完全に平らにすることはできないのでしょうか?

    新生児期は、後ろ向きで取り付け、リクライニング調節は必ず4段目の位置に調節します。
    シートを完全に平らにすると、万が一、衝突した場合に身体が前方向にずれてしまって大変危険です。そのため、4段目の位置は、完全に平らにならないようになっています。
    角度チェッカーでご確認の上、適正な角度を付けて取り付けてください。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 「体格に合うように肩ハーネス(肩ベルト)を調節する」とは、どのようなことですか?

    肩ハーネス(肩ベルト)の位置は、お子さまの体格に合うように必ず調節してください。
    合っていない場合、チャイルドシートが十分な効果を発揮できないことがあります。
    お買い求め頂いた時は、「肩ハーネス通し穴」の下から1番目に肩ハーネス(肩ベルト)が設定されています。
    肩ハーネスを調節する場合は、チャイルドシートを車に設置する前にお子さまを座らせ、ベルト通し穴の位置やベルトの長さをお子さまの体に合わせてください。特に低月齢のお子さまにはご注意ください。

    <通し穴の位置>
    後向きに使用する時:お子さまの肩よりもすぐ下の肩ハーネス通し穴
    前向きに使用する時:お子さまの肩よりもすぐ上の肩ハーネス通し穴

    ハーネスの調整
    お子さまを座らせるたびに必ずアジャストベルトを引いて、お子さまをチャイルドシート背面に密着させてください。

    アジャストベルトを引く
    なお、肩ハーネス(肩ベルト)の調節具合は、お子さまの胸と肩ハーネス(肩ベルト)の間に大人の手(開いた状態)が通る位が適当です。

    肩ハーネス高さの調節のしかたを、動画でご案内しています。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 車への取り付け方を教えてください。

    後向き、前向き共に動画でご案内しています。

    こちらからご覧ください。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • アジャストベルトの使い方を教えてください。

    お子さまをチャイルドシートに座らせるたびに、必ずアジャストベルトを引いてお子さまをチャイルドシートに密着させてください。アジャストベルトを引くことで肩ハーネス(肩ベルト)のゆるみがなくなります。

    ご注意:この時に、肩ハーネスカバー部分を持つと引き出せませんので、必ず、肩ハーネスカバーの下、肩ハーネス(肩ベルト)部分のみを持って引き出してください。



    また、きつい場合は、アジャスターレバーを押しながら、肩ハーネス(肩ベルト)を引くと肩ハーネス(肩ベルト)がゆるくなります。

    アジャストベルトの使い方
    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • リクライニングレバーの使い方を教えてください。

    リクライニング調節は4段あり、1~3段目は前向き、4段目は後ろ向きとなりますので、
    前向きの場合にのみ、リクライニング位置が変更可能となります。
    (前向きの1~3段目は、設置する車両の座席角度に応じて調節してください。)
    なお、走行中、リクライニング操作は絶対に行わないようにお願いします。

    <リクライニングレバーの使い方>

    リクライニングレバーの使い方
    車への取り付け方を、動画でご案内しています。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • シートベルト装着レバーの使い方を教えてください。

    シートベルト装着レバーはチャイルドシートを車両に設置するための装置です。必ずご使用ください。
    使用しない場合、衝突および急停車時にチャイルドシートが固定されず大変危険です。
    シートベルト装着レバーは本体の左右に1個ずつありますが、車での設置位置に従って、どちらか片方のみご使用頂きます。
    1. チャイルドシートのシートベルト装着レバー(オレンジ色)を上げます。

    レバーを上げる
      2.車のシートベルトをチャイルドシートのシートベルトスリットに通し、車のシートベルトを強く引きながらシートベルト装着レバー(オレンジ色)を下げてロックします。
    なお、後ろ向きに取り付けの場合、車のシートベルトをシートベルトガイドにかけます。

    レバーを上げる

    車への取り付け方を、動画でご案内しています。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 角度チェッカーの使い方を教えてください。

    角度チェッカーは、新生児~体重13㎏未満のお子さまを乗せて後ろ向きに取り付けた場合、チャイルドシートが正しく安全な角度になっているかどうかを確認するためのものです。

    1. シートベルト装着レバーで固定した車のシートベルトをシートベルトガイドにかけます。

    ガイドにかける
    2. 車のシートベルトをセットしたら、角度チェッカーの中の針が青い部分に完全に入っているかどうか確認を行ってください。(針の動きがスムーズでないときは、軽くチャイルドシート本体を揺すってください)
    角度チェッカーの中の針が青い部分に完全に入っていない場合は、チャイルドシートが傾いているなど正しく取り付けられていない場合がありますので、最初から取り付け直してください。

    角度チェッカーの使い方

    車への取り付け方を、動画でご案内しています。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • チャイルドシートの左右に同じシートベルトスリットとシートベルトガイド(青色)がありますが、左右両方ともシートベルトを通すのですか?

    後ろ向きどちらか片側のみの使用となります。
    (シートベルトスリットは後ろ向き、前向きのどちらの時にも必ず使用しますが、シートベルトガイドは後ろ向きの時のみの使用となります。)

    車への取り付け方を、動画でご案内しています。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • チャイルドシートを取り付けたのですが、安定せずにグラグラします。大丈夫でしょうか?

    車に取り付けしたら、以下の項目をご確認後、車両シートベルトに固定した本体を前後左右に揺すってみて、
    チャイルドシートの底部分(ベース)と、車のシートが約3㎝以上ズレないかを確認してください。
    底の部分が約3㎝以上ズレる場合、「取り付け方」に従って再装着してください。

    取り付け後は、以下の確認を行ってください。

    ★取り付け時のチェックポイント
    □車のシートベルトの車両差込タングが車両バックルにしっかりと差し込まれていますか?
    □車のシートベルトが強く引っ張られて調整されていますか?
    □車のシートベルトがシートベルト装着レバーの内側にしっかりと入っていますか?
    □車のシートベルトにたるみやねじれがないですか?

    <参考:座席に設置したときは下記のようになります>

    ※下記取り付け例は、右ハンドルの車両で、助手席の後ろに取り付けた場合となります。


    安定する設置方法

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 後ろ向きで使用するのに、取付後の完了チェックを行いました。それでもグラグラするようですが。

    車のシートは人間の体重を柔らかく受け止めるように作られています。
    チャイルドシートを固定する場合、座席を押しつぶすくらいの感覚で、ぐっとシートに押し付けてからシートベルトスリットに車のシートベルトを通し、ロックをかけることが重要です。お子さまの身体が、チャイルドシートにしっかり固定されていれば、衝撃の際にチャイルドシートごとシートベルトでロックされますので心配はございません。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 座席に取り付けたままで、シートをリクライニングにできますか?

    チャイルドシートは、座席に取り付ける時に角度を決めて頂きますが、取り付けたままリクライニング角度の調整はできません。
    リクライニング位置を変更する場合は、もう一度「取り付け方」に従って再装着してください。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • ヘッドパッドとインナークッションの使用時期について教えてください。

    ヘッドパッドとインナークッションは、体重が7㎏未満のお子さまを保護するために「後ろ向き」の時のみ
    にご使用頂くものとなっております。また、体重が7㎏以上になりましたら、必ず取りはずしてください。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • 後ろ向きで使用していますが、子どもが大きくなって、少しきつそうです。

    以下の点をご確認ください。
    ・お子さまの体重が7㎏を超えていてヘッドパッドとインナークッションを装着していませんか?
    ⇒お子さまの体重が7㎏を超えている場合は、ヘッドパッドとインナークッションを取り外してください。
    ・肩ハーネス(肩ベルト)がきつくありませんか?
    ⇒肩ハーネス(肩ベルト)の位置は4段階に調節できます。ベルトの通し穴の位置及びベルトの長さはお子さまの体格に合わせて調整してみてください。
    肩ハーネス高さの調節のしかたを、動画でご案内しています。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • シートクッションを外して洗うことはできますか?

    カバー類が汚れた場合は、チャイルドシートから取り外し、洗うことが出来ます。
    中性洗剤を使用して、ぬるま湯で押し洗いをしてください。洗濯機の脱水は避け、通気性が良い日陰で乾かしてください。
    カバー類の取り外し方及び取り付け方は、取扱説明書の「お手入れのしかた」をご参考にしてください。

    各種取扱説明書はこちらからご確認下さい

    このQ&Aは役に立ちましたか?
  • チャイルドシートのバックルに差し込みタングがはまらなくなってしまいました。

    バックルに飲み物や食べ物が入った時に、差し込みタングがはまらなくなることがあります。
    ご使用を中止し、当社修理センターにご連絡ください。
    電話 029(889)5707 受付時間:9時~12時、13時~16時30分(土・日・祝日を除く)
    なお、お問合わせ前には、下記にご案内している内容をご確認頂きますようお願いします。

    ベビーカー・チャイルドシートの修理

    ※ベビーカー・チャイルドシートの修理につきましては、日本国内のみを対象としております。

    このQ&Aは役に立ちましたか?
このページの上部へ